不動産ローンてどんなもの?

お金を借りるときには、万が一借りたお金を返済できなかった場合にそなえて「担保」が必要になる事があります。担保を用意することで一般的なローンよりも多くの資金を借りることもできるケースがあります。

不動産ローンは自分が所有している不動産を担保として利用することで、比較的多額の融資を受けることが出来る仕組みです。住宅ローンの場合には、これから購入を予定している不動産を担保として活用するため、広い意味では不動産ローンということができますが、基本的に不動産ローンという場合には、すでに所有している不動産を担保としてお金を借りることが多くなっています。

万が一返済が滞ってしまうと担保となっている不動産は差し押さえられてしまい、競売などにかけられて売却され、その売却をすることで得られる現金は返済に充てられます。このようなリスクマネジメントが出来ているローンになるため、不動産ローンで借りる場合は一般的なカードローンなどに比べると高額の金額を借りることが可能で、さらに金利も低く抑えられていることが多くなっています。不動産を売却するよりは借りる方が手間が少ないため、不動産を持っている方が資金調達をしたい時にはおススメの方法です。